大雪

今年の年始は弥彦神社にいったので、仙台に戻り、大崎八幡宮へ。
それにしても今年はちょくちょく雪が降る!

  


写真は新潟からの打合せの帰り道、小国のあたり。
高速道路の猪苗代近辺は通行止めの可能性が高いので、山形経由で。
久々にシビれました!



小説備忘録 〜その31〜

昨年の年末年始は、2号が受験生のため、なんとなく落ち着かない
雰囲気でしたが、今年は割とゆっくり過ごせたので、読書も
まあまあできました☆(すぐ寝落ちしてしまいますがw)

「六人の嘘つきな大学生」
就職の最終試験を舞台に六人の就活生。当初は六人で協力して最終プレゼンを
行う展開から、一人だけ合格の条件となり、みんなでひとりを選出することに。
そこに謎の封筒。それぞれの抱えている重大な秘密が書かれていて…。
面白い!早い段階で謎は解けますが、そのあとも秀逸☆
就職活動の本質が腑に落ちます。絶対映像化されそう。


「不連続の世界」
この帯見たらまず読まずにいられないw
五編からなるトラベルミステリーで、恩田陸ワールド☆


「琥珀の夏」
とあるカルト集団と呼ばれていた団体組織「ミライの学校」
敷地跡から、子供の白骨死体。この組織のサマースクールに参加したことがある
弁護士の法子は、自分の知る少女ではないかと胸騒ぎを覚える。

ラストに向かうにつれ怒涛の展開。お涙頂戴作品ではないのに、
なんか泣けてきます。辻村深月作品、今回も良かった☆


「invert」
続編。最初から犯人がわかっていて、クセ強めなオトボケ具合で事件を解決していくパターンは、「古畑任三郎みたいなドラマ化、間違いない!」って感じで
読んでいたら、まんまとやられました!(映像化は難しそう。)
あらためて本の装丁秀逸です☆


「変な家」
帯に「あなたは、この間取りの「謎」が解けますか?」って書かれていたら、
こういう仕事してる以上、読まずにはいられませんw

小説備忘録

旧ブログの小説備忘録はこちら

初詣

今年は、コロナもちょっと小康状態なので、久々に家族(1号も埼玉から帰省、2号)みんなで、新潟に帰省しました。なので、初詣は弥彦神社へ。

新潟の冬には珍しく晴天で、新年早々縁起がいい☆

そして、大吉
今年はいい年になる予感がしますw


新年

明けましておめでとうございます。

昨年も引き続きコロナの影響でなかなかシビれるシーズンでしたが
一昨年同様何とか乗り切りました☆
だいぶ出口が見えてきたので、ここからは上り調子で
爆上がりしたいと思いますw
(設計は丁寧に心がけます!)

本年も宜しくお願い致します☆