お引渡し

お盆休み前、名取田高の家のお引渡し&床塗り大会を開催。
ナラの床材がしっとりいい感じに仕上がりました☆

内部の写真をちょっと紹介。

玄関
一部、七ヶ浜の家に続き、秋保石を採用しました。
子供スペース
1階はプライベート空間。将来2部屋に分割予定。

リビング・ダイニング・キッチン
2階にパブリックな空間。
キッチンのペンダントの設置がまだですが…。

キッチンと脱衣室のあいだに行き来できるサービスヤードがあります。

バスルーム・洗面コーナー
バスルームにも外部から見えないバスコートがあります。

外構がまだ完成していないので、完成次第またアップしたいと思います!

名取田高の家新築工事

上棟式

週末、丸森の家にて上棟式が行われました。
大雨になってしまいましたが、屋根のシートまでは完了しているので
問題ありません。

開口部から入ってくる風景の緑がいい感じです☆


丸森の家新築工事

小説備忘録 〜その12〜

8月に突入!
相変わらず仕事の合間に読んでいる小説を。

「冷たい校舎の時は止まる 上・下」
ある雪の日、学校に閉じ込められた男女8人の高校生。2ヶ月前に学園祭でおこった自殺事件。8人はその死んだ級友を思い出せない。8人の中にその人物がいるのでは…と疑心暗鬼。
そして繰り返される5時53分に1人ずつ消えてゆく。
とにかく上下巻で1200ページ!読み応えアリすぎますw
後半(下巻)の仕掛けで、もう一回ジックリ読みたくなる作品☆


「悪い夏」

題名の通り。主人公は生活保護受給者をまわるケースワーカー。
不正受給者、ヤクザ、貧困のシングルマザー。
ラストに向かって最悪の展開。読んでいて辛くなります。


「むかし僕が死んだ家」
まずタイトルが気になり。
東野圭吾は何だかんだ言って(←自分の勝手な見解w)安定した面白さ☆
これが20年以上も前の作品!まだまだ読まないといけないものが無限にあるw

小説備忘録

旧ブログの小説備忘録はこちら

とある住まいの記録 〜その14 現場打合せ

島崎の家の現場はリビングに木製サッシがつきました☆
通常のサッシに比べて高価ですが、家の顔になる大事な部分なので。
完成した時、グッと差がでます!


その分、通常のサッシも取り付け位置(数)を練りに練って
最小数に抑えています。(ちょうどいい陰影のある住まいになるように。)
窓も照明もついつい、安全側(多めに配置)しがちですが、
そこをどこまで抑えられるかが勝負!


そして、念願の真鍮インターホンカバー納品☆

島崎の家新築工事

まもなく仕上げ工事

名取田高の家も順調に進行中です。
現在は木部の塗装を行っており、まもなく仕上げ工事に突入☆

キッチンのステンレストップも設置。
かなり精度が良くていい感じです☆
浴室は大きな窓ですが外部からは見えないのでご安心くださいw

名取田高の家新築工事

とある住まいの記録 〜その13 外観

屋根も葺き終わり、煙突、サッシも取り付け完了。
(メインの木製サッシはまだですが。)
だいぶ外観のイメージが見えてきました。
狙い通り、平屋に見える☆


リビングの大きい開口部の雰囲気もわかります。

玄関ドアの位置も設計図より若干位置変更。
完成が楽しみな照明、ポストを設置予定☆
(ちなみに玄関ポーチ下が空いていますが、施工不良ではありませんw)

島崎の家新築工事