竣工 〜夕景編

富ヶ丘の家の夕方撮影の写真を解説付きでちょっと紹介☆

玄関からリビング・ダイニング・キッチン方向を眺める。
左手がライトコート(ライトコートはまだ未完です。)
右手の棚はロールスクリーン等で隠します。

左)リビング脇の書斎スペース(将来勉強スペース)
右)子供スペース(将来間仕切り)
玄関脇の子供スペース。ライトコート越しにリビングが見えます。
おもちゃが出しっぱなしでも、リビングにお客さんを招けますw
子供スペース→書斎スペース→リビングと繋がってます。

リビング・ダイニング・キッチン
天井高さ3.8mのワンルーム。
高窓は一部開閉できます。

キッチン
ダイニングテーブルに両方から回れるように
キッチンはシンクとガスコンロがセパレートになってます。
奥は食品庫。

左)バスルーム
右)家事スペース(物干しスペース)

2階、主寝室と家族の着替えスペースに隣接する水廻り。
物干しスペースはバルコニーに繋がってます。

今回は、ちょっとポップな内装になっています☆

初期のプレゼン(コンセプト)はこちら

富ヶ丘の家新築工事

お引渡し

富ヶ丘の家、自分も参加して床のワックス塗りも完了し
お引渡し☆
玄関アプローチとライトコートの外構は未完ですが。
(天候見ながら施工中。)

毎度のこと、家具が入った頃、竣工写真を撮影予定です!

富ヶ丘の家新築工事

現場打ち合わせ

蔵王ですが暖冬で雪がなく、工事は順調に進んでいます。
内部は引き続き造作工事中。
内部の雰囲気もだいぶイメージがつきやすくなってきたので
定例打合せでは、土間のタイルやキッチンタイルなど決定。
家具のレイアウトなども確認しました☆

蔵王清水原の家新築工事

完了検査&オープンハウス

完了検査も無事合格し、25,26日のオープンハウス用に
事務所のテーブルと椅子を設置。
まだ未完成部分(ライトコート、外構、エアコンルーバー、床ワックス)
もありますが、なんとか形になりました☆

ギリギリではありますが、オープンハウス参加希望の方はこちらまで☆
薪ストーブも運転予定してます!

富ヶ丘の家新築工事

小説備忘録 〜その22〜

2020年に突入し、完全仕事モードになる前に備忘録。
(本当は、完全に仕事モードになっていないといけない時期w)

「マチネの終わりに」
映画化に伴い、手に取った作品。
なかなか自分には文章が難しい。でもかなり良かった☆
表現豊かな、繊細で美しい世界にどっぷり浸かってしまいましたw


「連続殺人鬼 カエル男ふたたび」
続編。前の作品を読んだのが結構前→だったのでちょっと思い出すのに時間がかかってしまった。
カエル男相変わらず残酷な手口。それ以上に刑法39条は考えさせられます。
弁護士 御子柴礼司も出てきて、なんか繋がってる感じが良かったです☆


「いけない」
四章で構成されていて、各章末に写真があり、隠された真相に気付けるか?
各章末の写真を見て、ゾッとしたり、えっ!ってなったり。
(途中何度も写真を見たい衝動にかられますw)


「彼女は頭が悪いから」
東大生5人が1人の女子大生に対して、強制わいせつで逮捕された事件がモチーフの話。なぜか被害女性が非難されます。
スクールカースト、都市と地方、男女差別、貧富の差など。
数年後に向かっての伏線が裁判に結びついていきます。とにかくやるせないのですが、女性の通う大学の女性学長の言葉にちょっとスッキリします☆


「記録魔」
映画などの記録係を職業としている女性に23年前、兄を同級生に殺された女性から、その人を殺すまでの記録をして欲しいと依頼される。
もうちょっとラストに期待してしまいました。


「運転者」
「なんで俺ばっかりこんな目に会うんだよ。」と独り言を言った主人公に一台のタクシーが近づいてくる。運が悪い!って今現在思っている人は絶対読んだ方がイイです!

小説備忘録

旧ブログの小説備忘録はこちら